ホーム > 作業レポート

ページタイトル
2015年7月8日

メルセデスベンツ300SEL 6.3

こんにちは、白興自動車の白杉雄一です。

メルセデスベンツ300SEL 6.3 1968年式のオールドカーです。

 
自転車との接触事故の修理です。

道路交通法の改正により自転車による違反が厳しくなりました。

車、バイクの免許を持っている私でも自転車で一般道を走るのは、とても怖いです。

車、自転車、両車両が運転しやすい環境が早く整うことを願います。

左のフロントフェンダーとボンネットの修理でどちらも板金が不可能なため交換となりました。

1968年式の古い車なのですが新品部品があるのです。

噂によると第二次世界大戦前の部品もあるようです。

右フロントフェンダー、左フロントドアは色が日焼けしてくすんでしまっているので、新しく調色した色をうまくなじませ、色の違いをなくしていきます。

この方法を、ぼかし塗装・表面塗装などといいます。

当たり前ですがすべての塗装パネルの付属品を外します。

 

交換した部品を並べて完成写真です。



車の故障や事故のトラブルなど不安に思ったらお気軽にご相談ください。

様々な事例に立ち会ってますので、お話を聞くこと、修理することでお役にたてます。

車の板金塗装修理・整備・車検なら
正規輸入車ディーラー協力工場
国土交通省の指定工場の
白興自動車にお任せください!




株式会社 白興自動車工業所

【本社】
〒142-0042
東京都品川区豊町6-24-16
TEL 03-3783-7151 FAX 03-3783-7783

 

港北板金塗装工場】
〒224-0044
神奈川県横浜市都筑区川向町1324
TEL 045-478-2570 FAX 045-473-9040


投稿者:hakkoat 11:18 | 板金・塗装

2014年6月7日

ミニ 板金塗装修理

こんにちは、白興自動車の白杉雄一です。

MINIの板金塗装修理の作業レポートです。


エクボと小さなヘコミの修理です。

このようなプレスラインの無い平面なドアは、小さなヘコミでも数が多いと、キレイに仕上げるには匠な技術を必要とします。


板金職人は手の感覚でヘコミを見ます。

私も板金一年生の時は、ヘコミを触ってももまったく分かりませんでした。

自分では「完璧でしょ!」と板金しますが、先輩に見てもらうと不合格(涙)

こうなると自分の手の感覚では分からない次元になってしまうのでお手上げでした。

何万回と凹凸をさわり20年たった今では匠の次元にいるのではないかと自負しています。


塗装職人は目でヘコミを見ます。

塗料の薄い膜(ミクロンの世界)の修理です。

サフェーサーを塗って最後に小さな凹凸の波を目で見ながら平らに整えていきます。

さすがに匠の手を持った私でもここでの凹凸は分かりません。

もしかしたらあと20年くらいしたら分かるのかもしれませんね。

その時は「神の手」と呼ばしていただきます。


こうして二つ手と目で最高の仕上がりに、たどり着くのです。

最後に全国の職人の方々、生意気言ってごめんなさい。




車の故障や事故のトラブルなど不安に思ったらお気軽にご相談ください。

様々な事例に立ち会ってますので、お話を聞くこと、修理することでお役にたてます。

車の板金塗装修理・整備・車検なら
正規輸入車ディーラー協力工場
国土交通省の指定工場の
白興自動車にお任せください!




株式会社 白興自動車工業所

【本社】
〒142-0042
東京都品川区豊町6-24-16
TEL 03-3783-7151 FAX 03-3783-7783

 

港北板金塗装工場】
〒224-0044
神奈川県横浜市都筑区川向町1324
TEL 045-478-2570 FAX 045-473-9040

 

 

 


投稿者:hakkoat 14:04 | 板金・塗装

2014年4月19日

メルセデスベンツ SL(R107) オールペン

こんにちは、白興自動車の白杉雄一です。

メルセデスベンツ SL(W107) 色替えオールペンの作業レポートです。

この年式のSLは、根強い人気があり、オールペンのお問い合わせも多いです。


今は、黒く輝いていますが、元の色は、赤です。


ダメージの少ない、程度の良い車だったので修理は、ほとんど必要ありませんでした。




ボディーとルーフをこのように同時に塗装を出来る大きいブースも日本に数えられるだけだそうです。


バネも少し伸ばして間に色が入るようにします。

ちょっとした気遣いで、仕上がりは、大きく変わります。


セッティングが終わったら、色を塗るベース塗装→光沢を出すクリア塗装→部屋を70度に温度を上げて塗料を乾燥させます。


30歳以上若返り、新車以上の仕上がりです。

トランクのウェザーストリップはマスキング対応でしたがこの仕上がり。


ボンネットを開けてもキレイに黒に染まっています。

これからも長く乗られることを願いながら、オーナー様の元へ。

さようなら。





 

車の故障や事故のトラブルなど不安に思ったらお気軽にご相談ください。

様々な事例に立ち会ってますので、お話を聞くこと、修理することでお役にたてます。

車の板金塗装修理・整備・車検なら
正規輸入車ディーラー協力工場
国土交通省の指定工場の
白興自動車にお任せください!




株式会社 白興自動車工業所

【本社】
〒142-0042
東京都品川区豊町6-24-16
TEL 03-3783-7151 FAX 03-3783-7783

 

港北板金塗装工場】
〒224-0044
神奈川県横浜市都筑区川向町1324
TEL 045-478-2570 FAX 045-473-9040


投稿者:hakkoat 11:50 | 板金・塗装

ページ下